読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット

 

そのために糖質の摂取を少なくすれば、体は内臓脂肪を分解してエネルギーに変えようとする
のでどんどん内臓脂肪は減っていきますよ。

甘いものを食べることをやめる、ご飯の量を少なくするだけで効果は得られす。


糖質を制限し、さらに有酸素運動をすると内臓脂肪の燃焼効果は高まるはず。

有酸素運動は20分以上続けないと脂肪燃焼効果は得られないと以前は言われていましたが、
最近の研究では1日のトータルでみて20分以上の有酸素運動をすれば脂肪は燃焼すると
分かっております。
まとまった時間運動することができなくても、日常生活の中でこまめに動くようにするだけで
十分効果はありますよ。



内臓脂肪は食生活を見直すことで、短時間で落とすことができ。
落ちやすい内臓脂肪は、ちょっとした食生活の乱れでつく脂肪とも言えます。

毎日アルコールを飲む方は量を減らすか、休肝日を設けるだけで内臓脂肪は減らせます。

また、揚げ物を少し控える、炭水化物を少し控えるなど食生活に気をつけるだけで効果が
得られます。

運動については、たまにやるではなく、少なくてもいいので毎日コツコツとまめに行うこと
が大切です。ここが皮下脂肪を減らすのとは違うポイントです。


最近ちょっと体が重くなってきたな・・・と感じて、仲良くご夫婦でダイエットを始めた場合、
男性は内臓脂肪が減るので早く効果が見られます。一方で、女性は皮下脂肪がなかなか
減らないので同じ食事・運動をしていても効果が見えづらいです。

そんな時、「うちの奥さん、ダイエットしてるって言うわりには全然痩せないし、
実は隠れてせんべいでも食べてるんじゃないか?」なんて思っちゃダメですよ。
それ、口に出したら完全に地雷踏んでますからね(笑)

そりゃ、おせんべいは隠れてこっそり食べてるかもしれませんが・・・(えっ!w)、
男性と女性の痩せるメカニズムは脂肪のつき方の違いによって異なるのです。

男性の方、ご自分は痩せたからと安心せず、運動をやめたらまた内臓脂肪がついちゃいますよ!
奥様と一緒にウォーキングを続けて欲しいです。